ドーナツチェーン「ミスタードーナッツ」が大規模な構造改革に取り組むことを発表しました。これまでミスタードーナツのドーナツは実際に店舗のキッチンで調理したものを提供していたわけですが、日本国内の消費市場の低迷及び人口減少による慢性的な人手不足を理由に今後はキッチン設備のない店舗を増やしていく方針とのこと。キッチン設備のない店舗については、キッチン設備のある店舗からドーナツを配送し販売するそうです。これによりキッチン設備のない店舗のスタッフについては調理技術に関する教育行程を省くことができ、採用から即座に配備することが可能となるわけです。一頃はドーナツと言えばミスタードーナツの一人勝ちが続いていましたが、クリスピー・クリーム・ドーナツの日本進出、セブンイレブンなどの大手コンビニチェーンが店舗でドーナツを取り扱うようになり、競争が激化。しかし、国内の若年層の減少によりドーナツ自体の需要が萎んできており、泥仕合の様相を呈しています。視力回復 子供 アイスマイル