政党政治について授業しました。日本の政党政治は、西洋にくらべると歴史が浅く、さまざまな状況で多くの務めをかかえています。第一は、政治元手の問題です。日本の政党は、一般的に党員が薄く働き資金が不足し気味ですそうです。このため、政党が特定のところや組合から働き元手を買取る代わりに、ベネフィット給与を行う金権政治や方法汚職が生じ、国民の政治不信が高まったこともあるそうです。第二は、派閥の問題です。大政党の党首は派閥タームの組み合わせによって決まり、一段と派閥を中心に人事や資金が動いているといわれます。第三は、党議拘束の問題です。議員が附属する政党の評価です党議は党本社で決め、党附属の衆参両院議員を拘束します。そのため、議員の自由な言葉や打ち合わせを阻害する場合があるそうです。政党への不信やムシャクシャが国民の間で政党別れ事象を齎し、無党派域のプラスが顕著になってきているそうです。このことを勉強して、政党別れが尽きる際が来ればいいなと思いました。