Month: 4月 2017

もっとお友達が欲しいなって最近思いました

私は結婚して主人が住んでいる街にやって来たのですがなかなか街に馴染めなくていつも一人で過ごしているような状態です。それに友達もまだそんなにいないし、信頼出来る友達というのも全くいないので、誰か頼れるお友達が出来ると良いなと思っています。でも主人の友達はなぜかみんな噂好きというか、人の事ばかりいつも話しているので、何だか仲良くなる気にはなれません。人の事ばかりをどうのこうのと言うような人程面倒な人はいないかも、と思っているからです。そんな人達とお友達になっても結構後で後悔しそうなので、それなら別に誰か新しい友達を作った方が良いな、と思いました。まだ親しく付き合える友達はいないのですが、これから時間は掛かってでも主人の友達ではなくて、自分の友達を見付けたいな、そう思いました。そうしたらきっと主人の友達よりも素敵な友達が見付かるかもしれないなと思っています。なかなか毎日友達がいないというのは大変ですが、これから徐々にでも友達が出来ると良いなと思っています。

3月のライオン、二冊だけど読んでみました?

久しぶりにマンガを読みました?。
新しいものじゃないけど…買ったから新しい本!

読んだのは、「3月のライオン」です。
ハチミツとクローバーの人のだったと思います。

しばらく前になるけど、話題になってたよね?

史上五人目の中学生棋士になった少年の、
高校生のお話。
対局のこととか、学校の様子、
気にかけてくれるご近所さんたちとの日々が描かれています。

わけあって一人暮らししてる、とか
家族に仲間外れにされてるの?とか
だんだんとわかっていくところが切なかったです!

本当のお父さんは亡くなって、
引き取ってくれた家族とうまくいくためにめきめき将棋の腕をあげていくのに、
実力があるからこそ疎まれたりして、
あーもう!ってなっちゃいました。

思春期ってそういうことあったなー。
「何よ、なにマジになってんの?」とか言われたら怖かったなー。

主人公はプロ棋士になると家を出て一人暮らしをはじめます。
そういう訳だったのね…とうるうるきちゃいます。

将棋のことは正直あんまりよくわからないけど、
わかろうとしなくてもストーリーは楽しめるし、
対局の流れ?棋譜?は書いてあるので
わかろうとしたらそれはそれで楽しめそう。

プロ棋士仲間に太り気味で病気を抱えたの男の子がいて、
この間公開されてた「聖の青春」みたいだな?なんて思いました。
若いのに食事制限は辛かろう。(ソコ!?)

優しいご近所さんや、実力社会に飛び込んだ葛藤とか
ぐっとくるところがたくさんあって
楽しく読めました。
続きも買いたいな?。

そうかこれ少女マンガなの?
キュンキュンはあんまりしなかったかな?
チクチクしました!