正直な界隈、自身はN・Aの誘惑に揺らぎかけたが、寸でのところで踏み止まりどうしても一戦を飛び越えまいと頑なに目の前のレディースを突き放した。
「たいてい、また来てくれたら嬉しい……かな?」
「当然また来るさ。それも、飽くまでも客席としてね」
自身はこの先もN・Aと顔を合わせる度にメンタルが完全にこういうレディースに向いていって仕舞うという危惧を抱いた。
「じゃあ、また数年上」
「なによソレ。常々来てよ」
「お断りね」
益々多い頻度で訪問してくれと懇願された際、自身は今のこれとなら一度ぐらい……とすら思えてきた。
しかし、とってもとことんできたレディースというのはそのあたりに関しては弁えてあるようだ。
あちらも、現時点ふたたび自身にツボを出せばどうなるか、とストレスを繰り広げているに相違ない。
「三ヶ月上、かな」
再び現れる気もないが、その頃には自分が抱きつくべきは今の主人か、もしくは地獄……いずれにせよその時にはレスポンスは出ている筈だろう。
「良い生年月日を」
一深夜のささやかな不貞を片付けると自身は有楽町の人ごみの間、駅舎へと向かって言う。http://www.imacsindonesia.com/musee-yasui.html