いよいよ、東京オリンピック・パラリンピックまで、早い物で気が付けばあと1年です。

2020年は日本で開催なので、今まで以上に楽しみです。

私が、パラリンピック競技で一番注目しているのは、ウィルチェアラグビーです。

来るべき2020年の東京パラリンピックに向けて、ウィルチェアラグビーの紹介と、注目するきっかけとなった体験についてお話しします。

車いすは英語で「wheelchair」となり、ウィルチェアラグビーとは、文字通り車いすで行うラグビーとなります。

選手は四肢に障がいがあって、競技用の車いすにて試合に出場します。

試合については、選手には、障がいの程度によって0.5~3.5点までの持ち点が与えられます。

この持ち点は0.5点刻みで、障がいが軽いほど大きい数字になります。

そして、コートでプレーする4人の選手の合計持ち点が8.0点以内にしなければなりません。

通常のラグビーとの違いは、専用のボールを使用して、投げる、転がす、ドリブル等の方法で前方に運び、ボールを前方に運べる事です。

得点は、選手がボールを保持したまま2つのパイロン間のゴールラインを越えると獲得になります。

続いては、私がウィルチェアラグビーに注目するきっかけについて紹介します。

この競技に注目するきっかけは、私が定期的に通院している病院に障害者社会復帰・訓練支援センターが併設されていて、ここで就職を目指し、情報処理の訓練を受けたのですが、ここの先生の中にウィルチェアラグビー日本代表の方がおられたことです。

ある日、病院の敷地内にある体育館で、ウィルチェアラグビーのデモンストレーションが行われ、私は「これは是非観たい」と思って、体育館に行きました。

車いすがぶつかる迫力と、華麗にボールを運ぶプレーに圧倒されました。

ゴールを目指す攻撃とそれを許さない守備の“攻防”は、高度な戦術でとても見応えがありました。「百聞は一見に如かず」とは、正にこのことで、この時以来、私はウィルチェアラグビーに注目しています。

最後に、2020年東京パラリンピックで、ウィルチェアラグビー日本代表を応援する事が今から楽しみです。

テレビで、会場で、ウィルチェアラグビーの迫力のあるプレーを応援しましょう。https://www.ohiobiz.co/